ページ

2017/09/10

もっと楽しんでみませんか? コミュニケーション

昨今よく耳にする「コミュニケーション」という言葉。 広辞苑には「社会生活を営む人間の間に行われる知覚・感情・思考の伝達。」とあります。しかし、自分の考えや思いを相手に伝えることが「コミュニケーション」なのでしょうか?
この言葉の語源は、ラテン語の "Communicatio (コムニカチオ)" 。「分かち合うこと」を意味します。このラテン語の意味から考えるともっと分かりやすいのではないでしょうか。自分の考えや思いを相手に伝えることと、相手がどのようなことを考えているのか、どんな思いをもっているのか、それを汲み取り、相手を理解することとがセットになってはじめて「コミュニケーション」と言えるのです。


   
異なる言語や文化を背景とした人同士のコミュニケーションには、誤解や摩擦が起こりがちです。それは、相手の言動、考え方、またその行動をあなたがどう理解するか、それはそれぞれの文化背景によって異なることが多々あるからです。「文化の違い」というと、他国の文化をイメージしてしまうかもしれません。でも、生まれ育った家庭環境、地域、世代間など、もっと私たちの身近にも「異文化」は存在します。『最近の若者の考えていることは分からん』なんていうのも世代間における文化の違いからくるのです。そう考えると「異文化間コミュニケーション」という言葉ももっと身近に捉えることができるのではないでしょうか。
   
ラテン文化センター ティエンポは設立以来、スペイン、ポルトガル、中南米の芸術を中心に、文化の多様性を紹介しながら「違いを分かち合う」をコンセプトに多種多様な文化交流活動を行ってきました。異なる文化に触れ、生の実感と喜びに溢れたコミュニケーションを体験する。そんな刺激的な体験から、「なりたい自分」を探していく。真のコミュニケーション能力はそんなところから培われるのではないか、と私たちは考えています。
設立から20年という節目の年を迎えるにあたり、ここで皆さんと一緒に、「異文化体験は何を生み、何に繋がるのか」について改めて考えてみたいと思い、「TIEMPO 4 ALL 〜 芸術x異文化交流フェスティバル」を開催することにしました。
参加無料のイベントもありますので、センターに遊びに来る感覚で気軽にご参加ください。

TIEMPO 4 ALL 〜 芸術x異文化交流フェスティバル ウェブサイト

0 件のコメント: