ページ

2017/02/24

“Abrazo”の不思議

今では、世界各地多くの人々に楽しまれ、日本でも若い世代から高齢者まで多くのファンを持つ「タンゴ」。華麗な足さばき、情感豊かなダンスに見惚れてしまうものです。プロダンサーのステージを鑑賞するのもひとつの楽しみ方ですが、自分で踊って楽しむのもいいものですよ。


    
タンゴはアブラソ (抱擁) を通してお互いの動き、心の動きを感じながらゆったりと歩いていくように踊るダンスです。女性は男性のリードに身を任せた状態で後ろへ、後ろへとステップを進めながら移動していきます。どんな障害物があるか目に見えない状態で後ろ向きに歩くというのは、結構不安でハラハラしますよね。女性がこの動きをスムーズに行うには、相手を十分に信頼してリードを任せられる信頼関係が必要不可欠。
タンゴの社交場「ミロンガ」などの場では、見知らぬ人と踊るケースも多々あります。初対面の人といきなり信頼関係が築かれるものではないので、アブラソのなかで相手の動きを感じ、何を感じているのか互いに探り合いながらコミュニケーションを図っていかなければなりません。もちろん、相性の合わない相手もいるかもしれません。でも、アブラソを通して人の温かみを肌で感じ、互いに分かり合おうとするそのひと時こそ、タンゴの面白さではないかと思います。


    
タンゴのアブラソやステップの特徴を活かし、タンゴダンスをカップルや夫婦へのセラピーやアルツハイマーやパーキンソン病、自閉症など様々な疾患の治療に活用する動きが広まっています。日本でも東京にNPO法人 日本タンゴセラピー協会が設立され、様々な活動をとおしてタンゴセラピーを日本に紹介・推進されています。
タンゴのステップは、パーキンソン病患者の体のバランス改善に、認知症患者には記憶力向上に繋がったという報告が様々な国で発表されています。また、肌の触れ合いにより過度なストレス状態を良好な状態に戻す癒しホルモン 、オキシトシンやセロトニンの分泌を促すとも言われており、タンゴを踊ることで癒し効果を得、ストレス解消にもなるそうです。
タンゴは様々なスタイルで踊ることができるので、それぞれに合わせ踊り方を変えていける点も治療の現場でも実用的なのでしょう。
    
現代社会は、インターネットや携帯電話の急速な発達により人とのコミュニケーションのあり方が変化しつつあります。確かにとても便利な時代でその恩恵は多岐にわたりますが、そこに潜む落とし穴もあります。相手も自分と同じ温かい血が通う一人の人間。それを肌に感じ、お互いを分かり合うこと、受け入れあうことに努めれば、匿名性を利用し不必要に攻撃的な発言で傷つけ合うこともなくなるのではないでしょうか。


    
タンゴのアブラソは単に抱き合う形ではなく、踊りながら心と心が会話をするための言葉のようなもの。世界に多くいるタンゴファンは、このアブラソでの会話に興じています。3/29 (水)からは桜タンゴフェスティバルが開催されます。
あなたもアジアの人々と無言の会話を楽しんでみませんか?

0 件のコメント: