ページ

2016/12/10

12月11日は「タンゴの日」

アルゼンチンタンゴが誕生して100年あまり。国外にその存在が知られるようになってからも、50年ぐらい前までは、「タンゴは鑑賞するもの」として、人々は劇場でコンサートを聴き、ステージ上で繰り広げられるダンスを鑑賞し楽しむ芸術と捉えられていました。そのタンゴがここ20年ほどの間に大きな発展を遂げ、今ではコミュニケーションの手段として世界の人々に親しまれています。
12月11日のアルゼンチンの祝日「タンゴの日」は、アルゼンチン国内だけでなく、世界各地でタンゴ関連イベントが開催されタンゴファンの間で祝われています。


   
12月11日とタンゴはどのような関係があるのでしょうか。それは、タンゴの神様として知られる不世出のタンゴ歌手・俳優カルロス・ガルデル、現代タンゴの生み親と呼ばれた偉大な作曲家でありバイオリン奏者でもあるフリオ・デ・カロ、タンゴの発展に多大な貢献を果たした国民的英雄二人の誕生日が12月11日なのです。




1965年、作詞・作曲家・音楽プロデューサーのベン・モラール (Ben Molar)は、フリオ・デ・カロの誕生日を祝うため、彼の家に向かう途中ある名案を思い付きました。「そう言えば、かのカルロス・ガルデルの誕生日も今日だったな。。。そうだ!二人の誕生日を記念して12月11日を “タンゴの日”にしよう!」早速ベン・モラールはブエノス・アイレス市役所の文化課に提案書を提出し、多くの芸術団体に呼び掛け、同意を得ていきました。
しかし、受理はされたものの11年間何の動きもなく、しびれを切らしたベン・モラールは市民の熱気で市を動かそうと、これまで賛同を得てきた芸術団体、マスコミ、アルゼンチンでも指折りのスタジアム「ルナ・パーク」のオーナーからの協力を得て、大々的な「タンゴの日制定支援イベント」を企画。開催日が近づくにつれ高まる市民の熱に後押しされるかのように、イベント開催の12時間前、遂にベン・モラールは「12月11日をタンゴの日と制定する」政令が公布されたという知らせを受けます。

歓喜に包まれるスタジアムでスタートしたイベントには、当時を代表するミュージシャン、オルケスタ、歌手、多くのタンゴ関連者などが祝いに駆けつけ、この日78歳の誕生日を迎えたフリオ・デ・カロは、1万5千人の観衆からバースデーソングを贈られ感極まり涙したそうです。残念にもこの時がフリオ・デ・カロを舞台でみる最後の日となりました。
   
ティエンポの設立と同時に開講したタンゴ教室。当時タンゴの知名度はまだまだ低く、福岡でタンゴを踊り愉しむ人はほんの僅かでした。あれから20年。福岡でのタンゴコミュニティーは少しずつ広がりをみせ、今ではタンゴ教室やタンゴ関連イベントも多く開催されるようになりました。タンゴの魅力は、アブラソ ( 抱擁) を通してお互いの動き、心の通い合いを感じながら、ダンスで心と心のコミュニケーションを楽しむもの。福岡でももっと多くの方々に「自ら愉しむタンゴ」を知ってもらえたらと願っています。

2016/11/16

ティエンポスタッフと行く Mallorca Tango Festival 2016

ティエンポが開催している桜タンゴフェスティバルにも出演するDJ Ariel Yuryevicがスペインのマジョルカ島でオーガナイズしているタンゴインターナショナルフェスティバル「Mallorca Tango Festival」。今年は初めてサンティアゴの引率でティエンポからも参加。どんな旅になったのでしょうか。参加者の皆さんに旅の感想を聞いてみました。


《タンゴ受講生 Rumiko Yukiさん》

今回のマジョルカ タンゴフェスティバルは主催者のお気遣いを随所に感じる、とても温かな雰囲気でした。


ワークショップのパートナーを予め見つけてくださったり、ミロンガでのテーブル席を用意してくださいました。
フェスティバル参加者のレベルも、年齢層も!高くて驚きました。想像を超える豊かな音楽性を体感できるリードで、一曲ずつがまるでドラマのよう。1タンダ(4曲)も踊れば、それこそ二人で人生を共に歩いたかのような連帯感が生まれる。もちろん初対面の人と即興で踊るタンゴにもかかわらず、そんな気分になる経験は初めてでした。



タンゴも、ミロンガも、ワルツも、こんなに楽しかったんだ!と目が覚めたような5日間でした。

旅行中、全ての手配や通訳、観光や美味しいレストランの案内など、献身的に働いてくださったサンティアゴに、感謝の気持ちでいっぱいです。
来年、福岡で開催されるサクラタンゴフェスでは、たくさんの参加者に喜んでもらえるように、私たちも協力していきます。
貴重な経験をさせてもらい、本当にありがとうございました!



----------------------------------

《Misuzu Yasudaさん》

スペインは、オリーブとワインの国でした❤️
オリーブの美味しいオイルと実と、見たこともない立派な木と、なみなみと注がれるワインやCAVA(スパークリングワイン)!
そしてまた、どの料理も美味しくて、口に合わないものなんてひとつもなくて返ってビックリ‼️
私がイメージしていた地中海ピッタシの石畳や鮮やかな緑の木枠の窓に薄いクリーム色の石造りの家々。小さな集落の素朴な教会に街中の豪奢な教会。マジョルカの人達がどんなに町並みを大切にしているかが分かります。



あ〜〜、タンゴのツアーでした!ワークショップにミロンガ、とても刺激的で楽しかったのですが、最後の日のミロンガは、疲れて寝てしまい行きそびれたというおまけ付きで、今度はペース配分をしっかりしなきゃ!と思った事でした。また行くんかい⁈と1人でツッコミを入れつつ楽しい楽しいツアーでした。



サンティアゴ、大小様々なトラブルに対応してくれて、ホントにお世話になりました!
有難うございますm(_ _)m



2016/10/28

El Rincon de los alumnos Vol.10 スペイン語講座受講生 Kanaeさん

500名を超えるティエンポの受講生… 習い事を始めるきっかけ、目標・夢は十人十色。
「リンコン・デ・ロス・アルムノス」は、受講生にレッスンへの思いを語ってもらうコーナー。今回はこの夏スペインへ語学留学をし、スペイン語にどっぷりと浸かってきたスペイン語講座受講生Kanaeさんにその体験を伺ってみました。


HOLA!   私は今年の8月、スペインのクエンカという小さな街に2週間ホームステイをし、語学学校に通ってきました。ティエンポでスペイン語を習い始めてまだ1年ちょっとでしたが、思い切ってのプチ留学でした!



クラスは少しレベルが高く、日本人は私だけなので毎日必死でした。それでも先生が何度も言い方を変えたり、たくさん例えを出したりと熱心に教えてくれたので理解できました。授業後は街歩きや美術館、カヌー等のアクティビティがあり、たくさんの仲間と毎日とても楽しく学べました!





この2週間で私が強く感じたことは、伝えようとする気持ちの大切さです。言葉はコミュニケーションの道具なので、こちらが伝えたい・知りたいと必死になれば相手も応えてくれるし、そうしていくうちに意思疎通が取れるようになります。もちろん文法やリスニング力も大事ですが、難しい表現や語彙を使わず自分の今ある力だけでなんとか伝える訓練も必要なのだと思いました。おかげで私はたくさん友達ができたし、帰国してからもクラスの中では日本語をほとんど使わなくなりました。
クエンカは本当に素晴らしい街です。スペインへ行った際には是非お立ち寄り下さい!

ティエンポのスペイン語レッスン

2016/07/05

ジャンルの垣根を超えたクラシカル・クロスオーバー

クラシックやオペラと聞くとちょっと敷居が高いイメージを持つ方も多いのでは?
近年クラシカル・クロスオーバーというジャンルが人気を集めています。オペラ歌手がヴォーカルユニットを組み、圧倒的な歌唱力に裏打ちされた迫力のアンサンブル、美しく包み込むようなハーモニーで、オペラや歌劇曲をポップスの感覚で歌う一方、誰もが知っているようなポピュラーな楽曲もレパートリーに組み込むこのスタイルがオペラの枠を超えた新たなファン層の心をとらえているのでしょう。
   
オペラ歌手ユニットの草分けとなったのは「世界三大テノール」として知られるパバロッティ、ドミンゴ、カレーラスが競演した伝説のコンサート。それまで閉鎖的だったオペラ界に風穴を開け、オペラの世界を広く大衆に知らしめました。





後に、サラ・ブライトマンとアンドレア・ボチェッリのデュエット「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が起爆剤となり、巨匠たちの開いたその風穴にもっと新風を吹き込もうと、続々とオペラ歌手によるユニットが誕生しています。例えば、世界的人気を博す「THE 12 TENORS (ザ・トウェルブ・テナーズ)」、「IL DIVO (イル・ディーヴォ)」や日本の「レジェンド」、「ル・ヴェルヴェッツ」。そして、イケメン「イル・ディーヴォ」に対し太メンオペラ歌手が自虐的にもじったネーミングで知られる「イル・デーブ」 も数年前にTV番組で取り上げられ話題となりました。







   
さて、この7月スペインからヨーロッパで活躍するテノール歌手3名によるユニット「ADESSO! (アデッソ)」が2年振りに来日、17日 (日)にティエンポ・ホールでコンサートを開催します。「レ・ミゼラレブル」、「ラ・マンチャの男」などこれまで100を超えるサルスエラ、オペラ、ミュージカルでメインキャストを務めプラシド・ドミンゴとの共演歴もあるヴィクトル・ディアス。ヨーロッパ、アメリカの名だたる歌劇場での「トスカ」、「トゥーランドット」といったオペラや「ルイーザ・フェルナンダ」などといったスペイン歌劇サルスエラの作品でメインキャストを演じ、2007年にはブルガリアの名ソプラノ  ライナ・カバイヴァンスカ主催のパヴァロッティ追悼イベントで “ルチアーノ・パヴァロッティ賞”を受賞したホセ・アントニオ・モレノ。2名のベテランに加え、今回はスペインTele5局が放映するリアリティ・オーディション番組「La Voz」のファイナリストで、現在はマドリッドで公演中の「ライオンキング」でメインキャストを務めている若手テノール歌手ダビッド・ベラルドを新たにメンバーに迎え、誰もが一度は耳にしたことがあるオペラ・歌劇の名曲から、美しい映画音楽、タンゴの名曲まで、多彩なジャンルの曲を力強く歌い上げます。






オペラ歌手の歌声を生で聴いたことのない方には特に、この機会にその圧倒的美声に聴き入っていただきたい。きっと新たな感動を体験してもらえることと思います。


--------------------------------------------------

スペイン オペラ界が誇るテノール三人衆 来日公演
"ADESSO! (アデッソ) コンサート 2016"

■ とき: 2016年 7月 17日 (日) 
     開場 18:30 / 開演 19:00
■ 会場: ダイニング・イベントスペース 「ティエンポ・ホール」
■ 前売: ¥3,500 (T.I. 会員 ¥3,000)
■ 当日: ¥4,000
※ 入場時別途ワンドリンクチケット¥500要購入
※ 全席指定

(ウェブサイト)



2016/06/25

サルサ・ラテンダンス講師/ サルソンDJ Marcelo おすすめCD “SANGRE, SUDOR Y SALSA” - TROMBORANGA

久々のスタッフおすすめCDコーナー。サルサのシーズンも到来!ということで、マルセロおすすめの今最も旬なCDをご紹介します。
   
この夏20回記念を迎えるイスラ・デ・サルサの海外メインバンドとしてトロンボランガの初来日が3月に発表されましたね。そのトロンボランガが先月7枚目となるCDをリリースしました。その名も"Sangre, Sudor y Salsa (血、汗とサルサ)"。タイトルからしてハードそうですよね。



   
ベネズエラ出身のティンバレスの名手で作曲家としても世界に名を馳せるミュージシャン ホアキン・アルテアーガが2011年にスペインのバルセロナ在住のカリブ諸国、ヨーロッパのミュージシャンで結成したトロンボランガ。60、70年代一大ブームとなった"サルサ・ドゥーラ (ハード・サルサ)"の正真正銘の後継者と言われています。デビューアルバムがリリースされるやいなや、サルサ・ドゥーラの真髄を見せつけるサウンドで世界のサルサシーンに衝撃を与え、一躍その名を世界に轟かせました。
   
60年代、 70年代のサルサの影響を色濃く残すサルサ・ドゥーラの本質とコンテンポラリーの絶妙なバランスが魅力の彼らの新作は更に成熟したトロンボランガを感じさせる曲ばかり。
"No Me Vuelvo A Enamorar"は、力強いラテンジャズかと思いきや、後半はチャ・チャ・チャへ転ずるそのサプライズ感は、アレンジャーとしても才能が認められているトロンボーン奏者アルベルト・コスタならでは。 "Que Linda Que Estas"ではホアキン・アルテアーガのティンバレス ソロが聞き応えたっぷり。
トロンボランガならではの骨太でアグレッシブなサウンド、バイラブレ度120%の"Cambumbo"と"Ah Caraj ( Aquí que pasó )"は特におすすめ!! 
これからレッスンやサルソンでもどんどん使っていきますよ。イスラ・デ・サルサでのステージを思いっきり楽しむためにも、今から皆さんトロンボランガで一緒に踊りましょう!

-----------------------------------------------------

【20回記念 イスラ・デ・サルサ ワールドビートフェスティバル 2016】
2016年 8月 20日 (土) & 21日 (日) at 能古島キャンプ村
ウェブサイト