ページ

2014/12/01

黄金の左腕を持つバンドネオン奏者 門奈 紀生

アルゼンチンタンゴの花形楽器、バンネオン。


日本人離れしたタンゴの感性に、本場アルゼンチンでもマスコミや観衆から「奇跡!」と驚嘆された演奏家がいる。 日本におけるバンドネオン先駆者のひとり、またあの小松 亮太の最初のバンドネオンの師として知られる 門奈 紀生である。

1940年東京生まれ。音楽を愛する家族の中で育ち、幼少期から兄弟や家族で童謡や唱歌、賛美歌などを歌ったり合奏したりする環境で成長する。タンゴとの出合いは中学3年生の時。転校してきたクラスメートから「タンゴクラブへ入らないか」と突然誘われ軽く承諾する。実は門奈氏この時「タンゴクラブ」は英単語か何かを覚える集まりなのだろうと思っていたのだとか。

その友人宅に招かれ薦められたLPを聴くと、ガルデル、プグリエーセ、カルロス・ディ・サルリ、フアン・ダリエンソなどタンゴの音楽だった。もともと音楽好きで、当時ブラスバンドでトランペットを演奏していた門奈氏は、初めて耳にする音楽、そして特にプグリエーセの弾く神秘的なバンドネオンの音色に強い印象を抱き、すっかりタンゴに取り憑かれてしまったのだそうだ。

以来、横浜のレコード喫茶にタンゴを聴きに通うようになり、21歳の時タンゴの演奏家になりたいと、バンドネオンを学び始める。基礎のまったく無い状態から、新宿のキャバレーで演奏していたタンゴバンドに出演しながら、独学で腕を磨き実力をあげてゆく。

その後「オルケスタ・ティピカ・ポルテニア」「ロス・タンゲーロス」「タンゴ・クリスタル」等の楽団で活躍。プロ活動を一時休止していたものの、復帰後1991年にはタンゴ普及とアーティスト育成の信念から自己の楽団アストロリコを結成。スペイン、アルゼンチンの海外公演においてアストロリコの情感豊かな演奏は、本場のマエストロ達から「斬新でしかも伝統の味も失わず、我々と同じ心で演奏している」と絶賛を博し、その結果初の日本代表として1995年のグラナダ国際タンゴフェスティバルに招聘出演を果たし、満場の拍手喝采を浴びた。

琴線にふれる情感豊かな演奏から「黄金の左腕を持つバンドネオン奏者」との異名を持ち、現在は演奏家としてだけではなく後進の育成、映画音楽プロデュース、TVやラジオ出演など多方面でその才能を発揮し高く評価されている。

そんな日本におけるバンドネオン先駆者のひとり門奈 紀生氏率いるアストロリコ四重奏が来年1月、桜タンゴフェスティバル 冬のサテライトイベントとしてコンサートを開催することが決定。今年結成23年、日本が世界に誇るタンゴ楽団の演奏をどうぞお楽しみに。

--------------------------------------------------------------
桜タンゴフェスティバル 冬のサテライトイベント

ASTRORICO ~ アストロリコ四重奏タンゴコンサート
& タンゴパーティ― "スペシャルミロンガ"

■ とき: 2015年 1月 17日 (土)  
  第1部 コンサート:開場 19:00 ・ 開演 19:30
  第2部 タンゴパーティ「スペシャルミロンガ」:21:00~ (予定)
■ 会場: ダイニング・イベントスペース 「ティエンポ・ホール」 (アクセス)

■ 前売券: ¥3,500 / ¥3,000 (ティエンポ会員) 
■ コンサートのみ、またはスペシャルミロンガのみの前売券: ¥2,500
※ 入場時、別途ワンドリンクチケット¥500要購入。
http://www.tiempo.jp/evento/box/ev_150117.shtml

0 件のコメント: