ページ

2011/06/24

新しくなった博多駅のタイル画デザイン


今年3月 遂に新しい博多駅ビル「JR博多シティ」がオープンしました。





「都会にいながら自然を感じられるスペースをみなさんの手で…。」 
そんな思いから2007年12月に始まった博多駅のアート計画。

国際的に活躍している日本画家・千住博さんと数々の列車デザインを手がけてきた水戸岡鋭治さんをアートディレクターに迎え、一般公募で採用された「葉」、「花」、「鳥」、「魚」をモチーフとした絵を有田焼のタイル画にし、駅構内を「大パノラマアートの森にしよう」という企画でした。



当時アート講座の講師として来日していたアンへレス先生とジセラ先生、アート講座受講生のJorgeさんこと城島さんとMasaeさんもそれぞれデザインを考案、応募。そして、素晴らしい駅ビルに生まれ変わったJR博多駅に4名の作品が採用されました。

Masaeさんデザイン

ジセラ先生デザイン

Masaeさんデザイン

1階コンコースの柱では城島さんとアンへレス先生それぞれの絵、そして3階テラスの壁ではMasaeさん、ジセラ先生作デザイン画を見ることができます。

自分のデザインを指すJojimaさんとマカレナ先生

アンへレス先生のデザイン画を指すアート受講生


Masaeさんと彼女のデザイン

子供から大人まで、海外からも集まった自然をテーマにした28,525枚の絵。普段は周囲に目を配ることなく、ただ通り過ぎることの多い駅、ひとつひとつの作品を眺めながら、心も楽しくなるようなそんな素敵なアート空間になっています。
皆さん、JR駅に行かれる際は、4名の作品を探し当ててみてください。



JR博多シティ タイル画アート検索システム



2011/06/10

El Rincon de los alumnos Vol.8 - ヤシの木の下で ~ Debajo de las palmas


500名を超えるティエンポの受講生… 習い事を始めるきっかけ、目標・夢は十人十色。
「リンコン・デ・ロス・アルムノス」は、受講生にレッスンへの思いを語ってもらうコーナー… ですが、今回は番外編。ティエンポ設立当初からスペイン語、フラメンコ、アートを受講しているYuko Mitomaさん。実は、地元の能古島をテーマに仲間と一緒にインディーズレーベルからCDデビューをされていたそうです。その中の1曲「ヤシの木の下で」は、○○○をテーマにYukoさんが作詞を担当したということで、今回はその曲をご紹介します。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



熱いあつい祭りの中 みんな狂うように踊るんだ 海辺のバー "Noconoshima"でモヒートでも飲みながら♪ みんなはじける明るさで 国籍なんて関係ないんだ ファンタスティックなこの島 ああ、この世はなんて素敵なんだ! さぁ、踊ろう! 僕と一緒に踊ろうよ! ヤシの木の下で・・・ 

2008年から地行浜で開催されているティエンポのボーダーレスミュージックフェスティバル「イスラ・デ・サルサ」。1996年から2007年までYukoさんの地元 能古島のキャンプ場で開催されていました。

「イスラの大ファン!」と語るYukoさんは、仲間と一緒に「能古島映画サークル」を結成し、2007年にオーストラリアのアボリジニ人の問題をテーマにしたドキュメンタリー映画 ”KANYINI ~カニニ~” の上映会を開催。その時、招へいしたメラニー監督、語り部ボブ・ランドル氏のために詩を作り捧げたそうです。
それがきっかけとなり、能古島をテーマにした曲を収録した「能古島で愛を叫ぶ」というタイトルのCDをリリースすることに。

冒頭で紹介した詩は、Yukoさんが能古島で開催されていた「イスラ・デ・サルサ」について詩を綴った曲「ヤシの木の下で」。
作詞のきっかけとなった映画タイトル「カニニ」は日本語で 「絆、接点」 と言う意味。『ティエンポの仲間を表現したいという気持ちが、この曲のコラボに繋がったんです。』と語るYukoさん。
とても素敵な曲で、スタッフ一同 「今年も頑張ろう!」という気持ちでいっぱいになりました。









::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


【ヤシの木の下で ~ Debajo de las palmas】


En la arena hermosa, ¡me muero de color!
En la playa preciosa ¡Qué linda esa chica! ¿Hola?
Con la música baribeña, gozo de la vida mía
Con las chicas caribeñas ¿Es el paraíso?

砂の上 僕らのように 寄り添う ヤシの木
ここは僕らの 魂揺する

¡Vamos a bailar!
¿Por qué no bailas conmigo?
Debajo de las palmas.

En la fiesta caliente ¡Todos bailan como locos!
En el bar "Noconoshima" ¡Un Mojito por favooor!
Con la gente simpatica ¿Son los japoneses?
Con la isla fantásictica, ¡Qué bueno ese mundo!

回転焼きの 日々がうそのよう
ここは僕らの 本能を焦がす

En la noche calurosa, ¡No para esa fiesta!
En el aire delicioso ¿No estoy soñando?
Con el susurro de loa,  ¡Mi corazón lleno de gozo!
Como la orilla eterna, Tiempo nunca se para!

波音もろとも 心踊りだす
眠らない夜 夜明けまで・・・

美しい砂浜の上 暑くて死にそうだ!
綺麗なビーチ かわいらしい女の子が僕をみている
カリブの音楽に乗せて 思いっきり人生を楽しむんだ
ラテンな女の子たちと 天国みたいなこの島で
さあ、踊ろう!
僕と一緒に踊ろうよ! ヤシの木の下で・・・

熱いあつい祭りの中 みんな狂うように踊るんだ
海辺のバー "Noconoshima"で
モヒートでも飲みながら♪
みんなはじける明るさで 国籍なんて関係ないんだ
ファンタスティックなこの島
ああ、この世はなんて素敵なんだ!
さあ、踊ろう!
僕と一緒に踊ろうよ! ヤシの木の下で・・・


夜も蒸せるこの島は 祭りに終わりなんてないんだ
おいしい空気をおもいっきり吸って
夢じゃないと確信する
波音をききながら 僕の心は満たされていく
どこまでも続く砂浜のように
時間はとまることはないんだ
さあ、踊ろう!
僕と一緒に踊ろうよ! ヤシの木の下で・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



Yukoさん、¡Muchas Gracias!


今年の「イスラ・デ・サルサ」は15回記念スペシャル
8/6 (土) ・ 7 (日) シーサイドももち・地行浜にて開催。
http://www.isla-de-salsa.jp/