ページ

2011/03/29

El Rincon de los alumnos Vol.6 - サルサ・ラテンダンス受講生 Kazuyoさん


500名を超えるティエンポの受講生… 習い事を始めるきっかけ、目標・夢は十人十色。
「リンコン・デ・ロス・アルムノス」は、受講生にレッスンへの思いを語ってもらうコーナー。
今回はラテンダンス受講生のKazuyoさんにお話を聞きました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


友人に誘われ、ダンス講座を見学した日からあっという間の歳月が過ぎました。別のダンスを辞め数年が経ち、もうダンスをすることもないと思っていたのですが、再び足を踏み入れることになりました。
受講するようになりダンスも然る事ながら、それまでスペイン語に直に触れることがなかった私にとってとても新鮮なものでした。
それからイベントに参加する機会が出来、イスラ・デ・サルサは2010年で4度目の出演となりました。いつもとは違う衣装を身に纏い、少し(?)厚めの化粧をし、間違えるのではないかと不安が胸を過りながら、顔を強ばらせなんとか踊り終えた後の気持ちは普段の生活では経験できないものです。
無論、練習など大変な面もありますが、未体験の方も話の種に一度参加してみられてはいかかでしょうか。クラスでのレッスンと違うものを味わわせてもらえることでしょう。
また、その中で違うクラスの方々と知り合えるのも大事なことの一つだと思います。今回も初対面の方が多かったのですが、ロドリゴ先生のご指導の下とてもいいチームとなりました。
ティエンポのように年齢、性別、立場などに関係なく自由に参加できる場があることは本当にいいことだとつくづく感じました。
それにしても、2度3度と来日される先生方の日本語上達に目を見張るばかりで、スペイン語を覚えようともせず、今以て幾つかの単語しか解らない自分に恥じるばかりです。
これを寄稿するにあたり今までの自分を反省しつつ、新たな気持ちで取り組んでいきたいと思います。
そして、私の知らないところで心配りをして頂きました受講生、先生、スタッフの皆様にこの場をお借りしてお礼を申し上げます。


0 件のコメント: