ページ

2011/02/25

59歳とは思えないポップな感性 Kuki Benski の世界

3月、ティエンポ一押しのワークショップは
アート講座講師マカレナ先生による「Kuki Benskiに学ぶアートの世界」 。
遊び感覚で楽しみながら作品作りができるので、アートは未経験・・・という方にも
とってもおすすめ。(ワークショップ情報はこちら)

Kuki Benskiって誰?という方のために、マカレナ先生が
コンテンポラリーアーティストKuki Benskiの魅力を語ってくれました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


Amo el arte y celebro la vida
por lo bello, lo bueno y lo verdadero.


Kuki Benski (クキ・ベンスキー) 59歳。年齢からは想像できないポップな感性で、ビジュアルアート、コンテンポラリーアート界で若手芸術家の注目を集め続けているアルゼンチンの芸術家。


26歳から国内外で個展、グループ展を開催し、これまで数々の賞を受賞。米国、フランス、英国、ドイツ、スイス、キューバ、ベネズエラ、チリなど数多くの国々の美術収集家のコレクションに彼女の作品が収められています。
偶像、女性、エロチシズム、遊戯、魔術をテーマに、優しさ、無邪気さ、官能的でエロティックな要素を混ぜ合わせる手法が彼女の作品の魅力。コラージュなど多種多様な画法で、アクリル、エナメル、ポマード、スパンコールなど使用する材料もバラエティに富んでいます。彼女の手にかかれば、仮面だって画材のひとつ。そして、それらの材料を組み合わせながら、コントラストを表現していく。その作業を遊び感覚で楽しんでいる様子が伝わってくるような作品の数々です。真珠のような光沢のある色使いに、東洋の影響もみられる点も興味深いところ。


これまで、多くのコミック画を世に生み出し、インスタレーション (場所や空間全体を作品として体験させる芸術)、ビデオなどのビジュアルアート、写真、絵画など作品のジャンルも多岐に渡っています。「私は芸術を愛す。そして人生を称える。美しさも、優れた面も、そしてありのままの姿も。」自ら制作したビデオのなかで、自分の人生哲学について語っている彼女は、私が最近最も気になる芸術家の一人。


そこで、3月は彼女の作品やその画法を紹介しながら、クキ・ベンスキーというアーティストに触れてもらおうと、「クキ・ベンスキーにアートを学ぶ」というワークショップを開催することにしました。アートは初体験という方にも是非参加して欲しい1ヵ月完結の体験レッスン。皆さん参加してみてくださいね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


アート講座講師:
Macarena Olivera  ~ マカレナ・オリベラ

アルゼンチン、ブエノス・アイレス出身。
造形彫刻家
1988年~92年 プリリディアーノ・プエイレドン国立美術大学にて美術を学び、文部省の奨学生として来日し、熊本大学で美術を専攻。これまで目にし、感じてきたアジアという異文化を自分なりに解釈し、取り入れながら制作した作品には、どっしりとした重み、深みを感じさせる。これまで数々の個展を開催。ティエンポ館内内装は全て彼女とロドリゴ・エレーラがコーディネートを手掛ける。また当団体主催イベントの会場・舞台演出も担当。アート講座担当として、様々なワークショップを実施、講師としても高く評価される。現在は、バルセロナ、ベルリン、ブエノス・アイレスなどで作品制作、展示会開催、アートイベント開催するなど、幅広く活動している芸術家。(ウェブサイト)



0 件のコメント: