ページ

2010/10/31

ティエンポでアラビアンダンス?? (9月活動レポート)

遅くなりましたが、9月のイベント実施レポートを。。。

《 2010. 9/24 (金) ティエンポ初! アラビアンダンスディナーショー》




ティエンポの移転グランドオープンを機に新規開講したアラビアンダンス講座。
「ティエンポはラテン文化センターなのに、なぜアラビアンダンス??」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

ティエンポの活動コンセプトは、「人種や言葉、年齢、性別などの壁を超えたボーダーレスなマインドで、ラテン諸国の多彩な文化を、舞踊・アート・音楽・言語・食といった様々な角度から体験しながら、人と人とが生の実感と喜びに溢れた交流を図れる場を作ろう」というもの。
もちろん、ラテン文化に注目する理由は「ティエンポの設立趣旨」に記載されているように、イベロアメリカ(スペイン語・ポルトガル語圏の総称)諸国がコミュニケーションを大切にする文化を持つ国々であること、また千年を越す歴史の中で、好むと好まざると関わらず異質の文化と融合し合いながら独自の文化を築き上げてきたという歴史的背景、土壌があるからです。

つまり、ティエンポはラテン諸国の文化だけにとらわれるのではなく、様々な異なる文化を融合させ、新しい何を生み出していきたいのです。
文化は生きているもの、様々な影響を受け取捨選択されながら融合し、変容していくもの。そのような考えから、これまで様々な異文化交流を行ってきました。ボーダーレスミュージックフェスティバル「イスラ・デ・サルサ」は、タイトルこそ「サルサ」と付いていますが、実際は「サルサ」本来が持つ、いろんなスパイスを混ぜ合わせて新たな味を作り出すというコンセプトが込められています。そして、「異文化が奏でるハーモニーコンサート」ではこれまで、お琴、尺八などとフラメンコギター、ラテンクラシックギターのジョイントコンサートを企画してきました。もちろん、当団体の講座受講生、講師陣が創り出す音楽・舞踊劇「3.2.1. Action!」もその代表例です。そして、今度新たにアラビアンダンス講座を開講し、更なる異文化間の交流を目指したいと考えています。
アラビアンダンスとタンゴを融合させたら、どのようなものが生れるか・・・ 日本の伝統楽器と組み合わせてみたら・・・ なんて想像しただけで好奇心が湧いてきませんか?


8月から新規開講したアラビアンダンス講座。去る9月に講師として来日中の舞踊家ジャクリーン・タウイルさんが福岡で活躍中のアラビアンダンス舞踊家たちと「アラビアンダンスディナーショー」で共演しました。ティエンポでの新しいジャンルのショーということもあり、会場には「初めてティエンポを知った」という方も多く、会場の雰囲気もこれまでと全く違う新しい空気に包まれた一晩となりました。



[出演ダンサー]
Jacqueline Tauil
Dalila Oriental Fantasy
fumi & NAO (from Momoi Belly Dance Studio)



■ アラビアンダンスディナーショーの模様はこちらでご覧になれます。

2010/10/21

東京からのティエンポ賛歌

昨年までスペイン語講座を受講され、現在は東京にお住まいのティエンポの会員 森本芳樹 (九州大学名誉教授、専門: 西洋中世史)さん。
10/1 (金)に開催されたティエンポのグランドオープニングレセプションに東京から駆けつけて下さいました。
「東京からのティエンポ賛歌」と題した素敵な祝辞もいただきましたので、この場でご紹介します。


森本芳樹、76歳の年金生活者です。昨年の総会ではサンチアゴ・エレラ君のお勧めで、間もなく東京へ引っ越す予定だった私は、ティエンポに3年半通った印象をまとめ、お別れの挨拶をさせていただきました。東京で約1年暮らしこの間スペイン語学校に通いましたが、ティエンポが素晴らしかったという思いがますます強くなっている次第です。今日は再び機会を頂きましたので、昨年に続いてティエンポの「賛歌」を話させていただきます。

まず昨年私が強調したことをまとめてみますと、それはティエンポがいろいろな個性を持った方々の生き生きとした共同体だということです。先生方はいろいろな国の男女で肌の色もずいぶん違っており、スペイン語の先生、ダンスの達人、音楽やアートの専門家という構成で、個性を遠慮なく出して授業をし、またイヴェントでも活動しておられます。生徒も老若、男女、経歴、仕事など実に様々で、こちらも個性に応じて自由自在に振舞っています。特に感じたのはその中で、 ティエンポがイベロアメリカーナ文化が一つのまとまりだということを感じさせてくれながら、同時にそれが多様な個人の集合として、従って日々刻々一人一人の活動によって作り出され、新しくされていく有機体だということです。そして福岡という独特な場所にあることで、この文化に新たな色合いを加えているのではないかと思えました。


ますます活動を続けて下さるようにお祈りして、私は9月末には東京へ引っ越しました。それから1年間日本でのスペイン語学習の中心であるセルヴァンテス学院通ってみて、結局「あーティエンポはよかった」とつくづく思っているというのが私の経験です。
セルヴァンテス学院は数年前に8階建ての立派な専用の建物が出来て、その全部を使っています。7階全部を占める図書館やコンピューターによる自習設備も整った立派な施設です。スペイン政府が世界的に設けているセルヴァンテス文化センターの一部であり、スペイン語を中心にスペイン文化を国際的に広めていくための公式の組織です。語学以外の催しもありますが、授業としてダンスや芸術はありません。スペイン語の学校としてクラスの数が多く、入門から上級までの5段階のクラスがそれぞれ複数あり、おのおのの水準が決められた時間数で必ず終わるように進められています。時間通りに始まって終わり、無駄な話はほとんどありません。スペイン語にはDELEという国際的な資格試験があって、セルヴァンテス学院もこれにたくさん合格させることに大きな目標があるようです。


このようにセルヴァンテス学院はスペイン語学校としてはほとんど理想的ですが、ティエンポとはもちろん大きな違いがあります。まず建物に入ってすぐ、セルヴァンテスの受付でもオーラという挨拶は聞けますが、その辺りに先生や生徒や事務局の方々が何人かたむろして雑談している、そこにダンスの衣装になった男女もいるという、ティエンポのような光景はありません。いろいろな空間を使ってティエンポのアートの先生の作品を展覧しているという賑やかさも見られません。スペイン語のクラスにちょっと離れた教室からサルサやタンゴが軽く聞こえてくるという、ティエンポ特有の楽しさもセルヴァンテスにはないのです。
セルヴァンテスでは時間厳守で、先生の遅刻など考えられませんが、興が乗った先生が面白い話を止められなくて授業が終わらないということもなく、そうした機会に教科書にはない面白いことを学んだり、突然生徒の一人が喋りだしたりするという、ティエンポ特有の雰囲気もないのです。
私のよく出席したシネマテカでは、ティエンポにはちゃんとした映写室がなくて映写効果が悪いのは確かですが、映画の選択がとても個性的で、古くても当時大いに問題となった作品や、フランコ独裁期の問題のような社会的な問題作が多い、と思いました。その後の討論が、責任者の先生がどんどん水を向けてきて、スペイン語なのではっきりとは分からないままでも、面白いいくつもの議論を聞くことが出来たのでした。

最後にもう一つ強調したいのは、ティエンポでのサンチョパンサの役割です。シネマテカのときに、まず入場料代わりにワインをサンチョパンサで買って持ち込み、ちびちびやりながら映画を見るというのが私にはとても楽しみでした。サンチョパンサでアルゼンチンのワインを一本とって友達と喋りながら飲み、余ったらビンごともって帰れる、というのも良心的な商売ですが、いろいろなイヴェントがサンチョパンサで行われて、このカフェレストランはまさにティエンポと一体となっていました。私には引越し前最後の授業の場所を、先生にお願いしてサンチョパンサでしてもらい、そこに私が同級の人達を招待してワインで別れを惜しみながら授業をやったという経験があり、とても貴重な思い出となっています。

こうしてティエンポとセルヴァンテスを比べてここで強調したいのは、イベロアメリカ文化センターとしてセルヴァンテスはティエンポに取って代わることはできないことです。几帳面さに劣り、設備がより悪くても、ティエンポが特に多種多様な個人の集まりとして作り出している雰囲気こそが、イベロアメリカの文化を代表していると思われるからです。それはいろいろ雑多な要素や個人をさらに結集していく母胎として、もっと働いていく力をもっていると思います。

設備が新しくなったといってけっしてここで変質することなく、こうして集まっていらっしゃる皆様がティエンポを今までどおりの仕方で、ますます盛んにしてくださるよう祈っております。 

2010/10/19

Himno nostálgico de Tiempo desde Tokio

Discurso del señor Yoshiki Morimoto, catedrático honorario de la universidad de Kyushu, que reside ahora en Tokio durante la recepción de la inaugración de la nueva sede de TIEMPO.



Me llamo Yoshiki Morimoto. Tengo 76 años y soy jubilado. En la asamblea del ultimo año, Santiago Herrera me invitó a dirigir un saludo, en el que resumiera la impresión de Tiempo de los tres años y medio durante los que había sido su alumno, ya que estaba preprando la mudanza hacia Tokio. Allí, en Tokio he estado en una escuela de español, pero el sentimiento de que Tiempo es un sitio imprescindible no paró de crecer. Hoy, puesto que me dan otra ocasión para hablar en la Gran Apertura, quiero continuar ante ustedes mi himno a Tiempo.


En primer lugar, resumo brevemente lo que destaqué el año pasado. Tiempo es una comunidad de mucha gente de gran variedad. Los profesores de distintos países hispanohablantes, con diferentes colores de piel y especializaciones: profesores de español, maestros del baile, especialistas de la música o del arte… Cada uno, no solamente da clases llenas de individualidad, también organiza varios eventos. Por otra parte, los alumnos tienen una composición también muy variable: hombres y mujeres, mayores y jóvenes, de distintas carreras y profesiones. Ellos se comportan muy libremente según la individalidad de cada uno. El conjunto de estos distintos individuos forman un órgano, que, al tiempo que representa lo que es la cultura iberoamericana, le agrega algo nuevo o transforma gradualmente una parte de esta cultura a través de las actividades de sus miembros. El hecho que Tiempo esté en Fukuoka, un lugar original, le añade también algo original a esta cultura iberoamericana.
Después de un saludo para animar a los miembros de Tiempo para que continuaran sus actividades con la misma energía de siempre, me mudé a Tokio a principios de octubre. Mis experiencias con el Instituto Cervantes de Tokio, en el que me matriculé de inmediato, no han sido negativas, pero mi sentimento de que Tiempo había sido un órgano maravilloso se ha ido consolidando más. Esta tarde, intento hablar de estas experiencias para expresar mi sentimento caluroso para la gran apertura del Nuevo Tiempo.


El sitio del Cervantes es un edificio de 8 pisos construido hace poco, que es usado exclusivamente por el Instituto.  El equipo es muy moderno y hay una biblioteca que occupa todo un piso. Se trata de la sección japonesa de esta organización internacional del Gobierno español con el objetivo de difundir mundialmente la lengua y la cultura españolas. Las clases de español son muy numerosas y están bien organizadas en conformidad con los niveles oficialmente determinados de A1 hasta C3. Organiza varias actividades culturales, pero no hay clases de baile ni de arte. La puntualidad es la regla, no hay el retraso, ni al principio de la clase ni a su fin. Con el español hay un examen internacional de calificación, llamado DELE, y el Instituto parece esforzarse en producir el número mayor de aprobados.


Así podemos pensar que el Insitututo Cervantes de Tokio se presenta casi ideal como una escuela de español, pero naturalmente hay una diferencia con  Tiempo. Quisiera decir, no obstante, que este maravilloso instituto no podría reemplazar a Tiempo. Ya  cuando entramos en el Cervantes, en la sala de recepción, entendemos claramente el saludo de ¡hola! de un recepcionista, pero la atmósfera querida de Tiempo, donde unos profesores iberoamericanos, los alumnos japoneses y los recepcionistas se están hablando sobre varios sujetos no existe. Ni la escena llamativa de unas alumnas ya vestidas para bailar. Ni la abundante exposición con obras de los profesores de arte. En el Cervantes no hay esa alegría que en una clase de español se siente al escuchar ligeramente el ritmo de la salsa o del tango.


El Cervantes funciona muy puntualmente. No exite el retraso, pero tampoco hay la atmósfera calurosa, en la que un profesor, apasionado por un asunto favorito, pueda terminar su ultima intervención. Sabemos que a través de tales monólogos, los alumnos pueden a menudo obtener inspiraciones. En esas ocasiones puede succeder también que un alumno aprende, de repente, a intervenir activamente.


En la cinemateca de Tiempo, las instalaciones de proyección no fucionan siempre bien y la imagen proyectada sobre la pared puede a menudo ser vaga. Sin embargo, la elección de la película está muy estudiada y particular. Se trata de obras que han suscitado muchas críticas. Pueden ser unas películas antiguas, pero sobre un periodo problemático, por ejemplo, el del régimen de Franco. La discusión después de la proyección, a menudo difícil de seguir porque es en español, es finalmente muy interesante, debido a que cada película presenta varios temas para discutir y la dirección del organizador es siempre estimulante.


El último punto que quiero destacar es el papel de Sancho Panza y su integración en la vida de Tiempo. En la tarde de cinemateca, ir primero a Sancho Panza para comprar una copa de vino como entrada y apreciar la película con esta consumición fue una de mis grandes alegrías. Poder comprar una botella de vino, beber una parte con amigos y salir finalmente con el vino restante es el negocio concienzudo de este café-restaurante. Sancho Panza ofrece un lugar a diferentes acontecimientos, sobre todo fiestas y bailes. En el momento de mi última clase antes de la mudanza, había pedido al profesor que diera la clase en Sancho Panza, para que yo y mis amigos pudiéramos estudiar al tiempo que decirnos adiós con un poco de vino y de café. ¡Qué recuerdo querido de Tiempo para mí, que fue posible sólo por la incorporación íntima de Sancho Panza!


Esta comparación del Cervantes y de Tiempo me permite subrayar que  Tiempo, en lo que se esfuerza en realizar cada día, no podría ser reemplazado por el Cervantes. Cierto inferior en equipo y en puntualidad, la atmósfera que  Tiempo difunde a su alrededor, como la de una comunidad de individuos muy diferentes entre sí, me parece representar verdaderamente la cultura iberoamericana, la cual podría funcionar siempre como agente que seduce más y más a la gente hacia esta cultura.
Espero que la renovación total del equipo no altere esta comunidad de Tiempo y que se desarrolle todo tal como hasta hoy ha sido.
¡Muchas gracias!                                      

Al ritmo del 2x4








Al ritmo del 2x4 pudimos disfrutar de las cuatro estaciones en la linda Fukuoka...
A un año de vivir aquí aun la ciudad y su gente nos asombran... Fue un año experimental, de filtración de culturas. Recordamos con diversión las primeras palabras aprendidas y la vergüenza al decirlas... los nuevos sabores y texturas de las comidas... los colores y olores de la ciudad... los malabares en las bicicletas... las calles estrechas...
Es muy interesante romper con el estereotipo del Japón que se conoce desde afuera; contrariamente a los tan vistos edificios, Japón cuenta con un mar precioso pero poco famoso... siempre el cemento pinta todo de gris, pero en Japón disfrutamos de un verde que nuestras pupilas no alcanzan... El Japón desde adentro tiene una gran vida natural...
Hablar de la relación con nuestros estudiantes es algo que nos llena de satisfacciones porque creemos que con la mayoría construimos una relación sincera, lo cual involucra todos los modos de relación, por supuesto sin ser ninguno idéntico al otro. El trato personalizado es lo que nos permitió conocer sus emociones, pretensiones, enojos y diversiones... fuimos madurando el modo de comunicación, siempre teniendo mucho respeto a la limitación del lenguaje y cuidando el margen de desentendidos que esto pudiera provocar. Si bien el área de Tango se compone de un grupo de alumnos, nosotros nunca perdimos el sentido individual de cada uno a la hora de responder a sus necesidades...
Estamos profundamente agradecidos al destino, por traernos hasta Fukuoka... A Tiempo, justamente por todo este tiempo... A nuestros compañeros de trabajo, tanto los profes, como el staff y la gente de Sancho, por todas las complicidades... Y eternamente a nuestros estudiantes, por brindarnos su calidad humana usando como medio este gran arte de bailar el Tango...

¡¡Hasta la próxima!!
Bruno y Cinthia (Instructores de los cursos de tango)




2010/10/16

¡BUEN PROVECHO! PINTXOS Y TAPAS

五感で楽しめる 美味しいスペインの「ピンチョスとタパス」の文化


サンチョ・パンサのシェフとして仲間入りしたスペイン出身のシェフGorka (ゴルカ)が、
スペイン観光の目玉の一つでもあるバルのピンチョについて語ってくれました。



 “Ir de pinchos (バスク語では pintxosと表記)” や “Tapear” というスペイン語の表現。「バルに行って、一杯やりながら、軽くつまもうか。」という意味です。スペインのバルカウンターには、目にも楽しいお料理がずらっと並んでいるのを、一度はTV番組や写真でご覧になったことがあるでしょう。スペインのバルに並んでいる一口料理 (小皿料理) をtapas (タパス)又はpinchos (ピンチョス)と言います。バルでお友達同士、楽しくおしゃべりしながら、ピンチョスをつまみワインを一杯。これがスペイン人の大好きなライフスタイルのひとつ ”tapear (タペアール)”。特に日曜、スペインでは、昼食の前 (午後12時~2時頃)には 軽くピンチョをつまみに、そして午後は “fútbol” (サッカー) 観戦にバル街に集う光景をよく目にします。


スペインに根付いているこの “タパスとピンチョス” の文化、今ではスペインを訪れる観光客の楽しみの一つにもなっています。そして一度体験すると、たくさんの人が「忘れられない経験、また行きたい」と感じてしまう。何故でしょうね? 
“タパスとピンチョス” は、時には簡単な昼食、夕食替わりにもなります。特に夏場は、5,6カ所のバルを巡り、それぞれのおすすめピンチョを食べて、夕食替わりに、なんてこともよくあります。それぐらい、各バル趣向を凝らしたピンチョ、豊富なバリエーションを持っているってことなんですよ。だから、飽きることなんてない。(笑)
スペイン人の私には、このバル文化はとっても日常的なこと。だから、取り立てて素晴らしい文化だと感じることはありませんでした。でも、外国で生活している今、あの“タパスとピンチョス”の習慣が恋しくてたまりません。手頃な価格で、ちょっと飲んで、美味しいお料理をちょっとつまめる。それもそんなバルが街のいたる所にある。あんな贅沢ないな、と思うようになりました。

Tapas (タパス)” という名前は、器のふた (Tapa) からつけられました。昔、タパスはワインの注がれたグラスの上に簡単なおつまみ的なものが乗ったパンでふたをしてサービスされていたんです。(写真左) ワインを飲むにはグラスにのせられたパンのふたを外さなければならない。つまり、飲むだけではダメ、ちゃんと食べましょう! ということですね。いいアイデアだと思いませんか? これが今の “タパスとピンチョス” 文化に発展したんですよ。30年前のピンチョやタパスというのは、今とはちょっと違っていたということですね。30年の間に、このワインのふたが、洗練された小さなお料理というカテゴリーとして確立していったんです。実際に、今では見た目にも楽しく、とっても美味しいピンチョやタパスがたくさんあります。調理人が創り出した味わい豊かな小さな芸術品とも言えるでしょう。
スペイン全土、その土地その土地で使う食材も食べ方も様々。アンダルシア地方では、生ハム、オリーブ、小魚のフライなど。サラマンカはチョリソやロモなどが有名。ガリシア地方では、プルポ (蛸)のガリシア風やムール貝、エボシガイ、アサリなど海の幸を使ったお料理が自慢。アンチョビやカタクチイワシの塩漬けが有名なカンタブリア地方。バルセロナを中心としたカタルーニャ地方は新進気鋭のシェフによる芸術品的なピンチョやタパスで有名。
そして、ピンチョを語る時に忘れてならない街、私の生まれたサン・セバスティアン (バスク語ではドノスティア)。フランスとの国境沿い、カンタブリア海に面したこの小さな街は、スペインのピンチョ・タパス文化の代表的な街として知られています。豊富なバリエーション、洗練された味、そしてバルに入った瞬間に胸がわくわくしてしまう美しさ。この街を訪れ、バル巡りをした人は、目を輝かせながらその素晴らしさを語ってくれるでしょう。

どの国にも、一杯飲み屋のような場所はあるかもしれません。でも、スペインのバル巡り、ピンチョ・タパスの文化は、どの国にもないひと味違ったもの。日本の皆さんにも、是非機会があったら、自分の目で、舌で、鼻で…そう五感全部で感じてもらいたいスペイン文化のひとつ。きっと、忘れらない体験になると思いますよ。



カフェレストラン「サンチョ・パンサ」シェフ: 
Gorka Gomez  ~ ゴルカ・ゴメス

スペイン、サンセバスティアン市にある調理師学校Escuela de cocina LUIS IRIZAにて学び、中国大連市の高級イタリア料理レストランにて料理長を務めるなど、10年のキャリアを持つベテランシェフ。
スペインで美食の地で名が知れるバスク地方の出身のゴルカ、サンチョ・パンサでも自慢のスペイン料理を中心に中南米の美味しいお料理を作ってくれます。


Cafe Restaurante SANCHO PANZA Website

2010/10/09

Día de los Muertos ~ 死者の日

死者の花 マリーゴールドの香りで街が包まれる日
Día de los Muertos ~死者の日


10/31日と言えば、そう「ハロウィン」。カトリックの諸聖人の日の前夜祭。本来、2000年以上前のケルト人が秋の収穫を祝い、亡くなった家族や友人たちを思い偲ぶ日であったのが、後にカトリックに取り入れられたものと言われています。

カトリックでは11月1日が万聖節(諸聖人の日)、11月2日が万霊節(諸死者の記念日)となっています。万聖節というのは、全ての聖人を讃え祝う日で、万霊節はまだ清められていない死者の魂を祈る日。そして、その前夜祭が10月31日のハロウィンというわけです。

日本では「ハロウィン」として知られるこのお祭り、スペイン・ポルトガル・中南米にとっては全ての死者の魂のために祈りを捧げるカトリック教の伝統行事「死者の日」。特に、メキシコでは盛大な祝祭が行われるとしてカトリック教国のなかでもよく知られています。

スペイン人が侵入してくるよりもはるか昔、少なくとも3000年以上前からマヤ族やアステカ族といった先住民達の間で、アステカ暦の10番目の月が死んだ子供達のため、その次の月が大人の死者のため、と死者の魂を迎えるお祝いをしていたそうです。現在の暦でいうと7月~8月らしいのですが、スペインに征服されたメキシコ先住民がカトリック教に改宗させられた時、これらの祭りがカトリックの祭日に融合され、現在の「死者の日」になったと言われています。そのお祭りで崇められていたのは、ミテカチウワトゥル(MICTECACIHUATL)という死の女神様でした。
今では「死の貴婦人」(DAMA DE MUERTE)とか、カトリーナ(LA CATRINA)という名称で知られており、今でも死者の日の祭壇を見ると、よく貴婦人のような骸骨を目にします。それがカトリーナです。

現在では、11月1日が子供の魂が戻ってくる日。2日は大人の魂が戻ってくる日。死者の日には墓参りに行き、お墓の掃除をして、花を飾り、お供え物をし・・・ 亡くなった人々の魂を迎え、もてなし、手厚くお送りするという一連の行事、死者の霊を弔うという意味では日本のお盆に共通するところがありますよね。、ところが、そこはラテン!死者を弔うといっても、陽気で楽しいお祭りになっちゃうんです。「この世の人もあの世の人もみんなで一緒に楽しみましょう!」という感じでしょうか・・・。

この日が近付くと街中、オフレンダと呼ばれる祭壇、ガイコツをモチーフにしたお菓子類やキャンドル、オブジェ、仮装した人たちで溢れます。期間中は、仮装パレードやバンドによる演奏、墓地の周辺には食べ物や飲み物やお土産ものの屋台が出て大賑わい。
日本のお盆と同じように祖先の霊を祀る行事、でも「死者」や「お墓」、「死生」の捉え方が日本とは違うようで興味深いですね。

2010/10/07

8月のイベント活動レポート

遅くなりましたが、8月のイベント実施レポートを。。。

《 2010. 8/20 (金) ミゲル・カーニャス フラメンコショー "TABLAO" 》



 2年ぶりの来日、今年はイスラ・デ・サルサでも素晴らしいダンスパフォーマンスを見せてくれたフラメンコ舞踊家ミゲル・カーニャス。来日の締めとなったフラメンコショーには、100名を超える方が詰めかけ会場は熱気に溢れていました。ショーが始まるとともに、類まれなる演技力、ダンステクニックを持つミゲルの舞に会場は釘付け!




今回は、フラメンコ講師タリタとの共演はもちろん、アート講師マカレナによるライブペインティングもあり、ミゲルらしい演出でショーを大成功に収め、今回の特別来日の幕を閉じました。






2010/10/05

魂に響くスピリチュアル音楽

皆さん、「Mantra」(マントラ)って聞いたことありますか? 

サンスクリットで、本来は「文字」「言葉」を意味し、大乗仏教、特に密教では仏に対する讃歌や祈りを象徴的に表現した短い言葉のこと。チベット仏教でよく唱えられる「Om Mani Pedme Hum」(オム・マニ・ペメ・フム)というマントラは世界的に有名ですよね。このマントラはチベット仏教圏ではしばしば音楽にアレンジされ、ヨガや瞑想に使われたり、癒し・ヒーリング効果がある音楽としてたくさんのCDが発売されています。

今回は、アラビアンダンス講座講師で、シヴァ・ダンスのワークショップを開講中のジャクリーン先生がどこに行くにも持っていくという1枚のマントラのCDをご紹介。

“MANTRA” - DEBY KORN


1. Jei Ambe 
2. Om Trayaham Bakam, 
  Om Namo Nama Shivaya 
3. Om Tare Ture Soham 
4. Om Sri Sai 
5. Om Shanti Om 
6. Om Sai Ram 



アメリカ生まれ、育ちはアルゼンチン、現在はコロンビア在住の歌手Deby Korn。
優れた音楽感性と才能で生み出される彼女の音楽は、私たちの奥深くに眠っているものを目覚めさせ、本来の自分自身と私たちを取り巻くものに向き合わせてくれる。
デビー・コーンの音楽はピラティスやヨガ、瞑想、祈りの歌としてよく用いられます。私もシヴァダンスのセッションの時、彼女の音楽をよく使います。特にサンスクリット語でマントラ (真言)を唱えている6曲が収録された「Mantras ~ マントラス」というCDは欠かせない1枚。短いフレーズ (唱えの言葉)が何度も何度も繰り返される曲を聴いていると、頭の中が不思議なほど無の状態になってきます。
振動が身体に伝わってくるサウンドは私たちの肢体と精神を一つに調和してくれ、何とも平穏な気持ちにさせてくれるんです。このCDに出会ってからというもの、どの国へ行くにも必ず私と一緒。ヨガやシヴァダンスをやっていない人でも、単に音楽鑑賞用としても、音の振動を感じ心を落ちつかせるヒーリングCDとして、本当におすすめできる1枚です。



■ 残念ながら日本ではCD販売はされていないようですが、YouTubeなどで視聴することができます。
CDの欲しい方はジャクリーン先生に入手方法を尋ねてみてください。
Deby Korn Official Website ::: http://www.cantosdelalma.com/ でも視聴、動画を見ることが可能です。



アラビアンダンス講座講師:
Jacqueline Tauil  ~ ジャクリーン・タウイル

エジプト舞踊、ベリーダンス、シヴァダンスだけではなく、コンテンポラリーダンス、 コンタクト・インプロビゼーション、タンゴ、ヨガなど、幅広い舞踊ジャンルをこなし、現在拠点のベルリン、イタリア、ブエノス・アイレスなどワールド・ワイドに活躍中の舞踊家。