ページ

2010/09/25

タンゴ版「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」

タンゴ講師として来日中のブルーノとシンティアから
おすすめタンゴ映画をご紹介。


“CAFE DE LOS MAESTROS” 
邦題:「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」
監督:Miguel Kohan (2008)   日本配給: スターサンズ http://starsands.com/tango/





今回は日本でも今年劇場公開されたドキュメンタリー映画作品「CAFE DE LOS MAESTROS ~ アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」を紹介します。2006年、ブエノスアイレスの最も古いレコーディングスタジオで、1940年代から50年代に活躍し、アルゼンチンタンゴの黄金時代を築いた歌手、ミュージシャンたちが1枚のアルバムを録音するために感動的な再会。その模様を収録したのがこの映画です。

この作品に参加しているアーティストを知らない人達にとって、アルゼンチンタンゴの歴史やその移り変わり、タンゴという世界を知るには絶好の作品だと思います。
既にタンゴに詳しい人達には、これまで音源でしか聴けなかったような巨匠達が実際に演奏、歌っている姿を見れる貴重な機会。これは、ちょっと感動的ですよ。

私たちにとってこの映画は、胸を揺さぶられるような大きな感銘を与えてくれた作品です。それは、単にタンゴの巨匠たちをステージ上で見ることができたということだけではなく、それぞれの普段の生活に触れることができ、そしてタンゴが一人ひとりの人生にどれぐらい刻まれ、違った人生哲学を与えてきたかを目の当たりにすることができたからです。
また、タンゴダンサーとして、Anibal Troilo、Osvaldo Pugliese、Juan D’Arienzo やCarlos Di Sarliといったトップクラスのオーケストラのミュージシャンのプライベートな部分を知るというのは、今後の活動にとて貴重なものとなりました。

タンゴ受講生の皆さんに限らず、タンゴファン、音楽愛好家の方、そしてタンゴに少しでも興味のある方、全ての方におすすめしたい作品です。DVDが出たら、是非観てみてくださいね。




タンゴ講座講師:
Bruno & Cinthia ~ ブルーノ&シンティア

ブエノス・アイレスからタンゴ界新星のペアダンサー、 シンティア & ブルーノが初来日、12月よりタンゴ講座の講師を務めます。 アルゼンチン国立芸術大学 (I.U.N.A)で舞踊を学び、「第4回 ブエノス・アイレス タンゴ選手権ミロンガ部門 1位」、第6回 タンゴ世界大会」ではファイナルに残るなど、若手ペアながら実力が認めれれているダンサー。現在は、出身校I.U.N.Aのタンゴ舞踊団の所属ダンサーとして、また振付助手として活躍する他、若手ダンサーを集めた舞踊劇団「プント・カチ」を主宰。

0 件のコメント: