ページ

2010/09/07

Bachata en Fukuoka

“Yo canté tu bachata aquí en Fukuoka ...  ”
(僕はここ福岡で君のバチャータを歌ったよ…)

昨年アジア初の公演を福岡「第13回ボーダーレスミュージックフェスティバル イスラ・デ・サルサ2009」のステージで果たしたグラミー賞、ラテングラミー賞受賞歴13回を誇るラテン音楽界の帝王、フアン・ルイス・ゲラ。



そのフアン・ルイス・ゲラが、イスラ・デ・サルサでの日本初公演の思い出や感謝の気持ちを込めて綴った新曲「Bachata en Fukuoka ~ バチャータ・エン・フクオカ (福岡でバチャータ)」。もう聴かれましたか?

今年6月にリリースされたニューアルバム「A Son De Guerra」のプロモーションシングルカットとして、3月に音楽配信サイトで先行配信されたこの曲。
突然舞い込んできたこのニュースに、ティエンポスタッフ一同、大興奮! とても光栄に思うとともに大感激しました。


 “Dile a la mañana que se acerca mi sueño, que lo que se espera con paciencia se logra ~  ” 
 (朝に「僕の夢が叶いつつある」と言ってやって。 根気強く願い続ければ、思いは叶う…)

という歌詞で始まるようにフアン・ルイス・ゲラは長年日本公演を夢見て、これまで何度か来日公演の企画がありましたが、実現には至らず。。。
それだけに、昨年8月の来日公演では、日本のラテン音楽ファンを前に自分の音楽を伝えられたこと、見るもの食べるもの全てに大感激。



フアン・ルイス・ゲラの初来日は、ロイター通信、EFE(エフェ)スペイン通信社を通して、世界の600チャンネルへ情報が発信され、雑誌・新聞等、多数の国内外メディアに取り上げられました。前回リリースしたアルバムでグラミー賞受賞、ラテン・グラミー賞主要6部門独占受賞(2008年度)を成し遂げているフアン・ルイス・ゲラの新曲には大きな期待が寄せられていただけに、曲のタイトル、そして歌詞で繰り返される「Fukuoka」「Momochi」とは?? と我らが福岡が世界中で今話題を呼んでいます。

私たちの活動をこのような形で、世界中の人達に知ってもらえるのはとても嬉しいこと。
「これからも頑張るぞ!」と大きなエネルギーをフアン・ルイス・ゲラからプレゼントされたような気がします。


「バチャータ・エン・フクオカ」曲が含まれた
ニューアルバム「A Son De Guerra」は
9月にEMI Music Japanより発売予定。

0 件のコメント: